what is CAM ?

Plants!

Moderators: Leonid, amiradm, BioTeam

Post Reply
Miyis
Garter
Garter
Posts: 44
Joined: Fri Dec 30, 2005 7:10 am

what is CAM ?

Post by Miyis » Wed Mar 29, 2006 4:14 am

please tell me: what is CAM?

User avatar
mith
Inland Taipan
Inland Taipan
Posts: 5345
Joined: Thu Jan 20, 2005 8:14 pm
Location: Nashville, TN
Contact:

Post by mith » Wed Mar 29, 2006 4:20 am

Living one day at a time;
Enjoying one moment at a time;
Accepting hardships as the pathway to peace;
~Niebuhr

Miyis
Garter
Garter
Posts: 44
Joined: Fri Dec 30, 2005 7:10 am

Post by Miyis » Wed Mar 29, 2006 4:30 am

I don’t want to search,Please tell me answer !

User avatar
canalon
Inland Taipan
Inland Taipan
Posts: 3909
Joined: Thu Feb 03, 2005 2:46 pm
Location: Canada

Post by canalon » Wed Mar 29, 2006 4:36 am

We do not give answer, we encourage people to search! If you are event too lazy to click on Mithril link, you could also try the search function of this site.

But you will never learn if you refuse to use your brain a little, and we want the best for you, even if you don't think we are right :twisted:
Patrick

Science has proof without any certainty. Creationists have certainty without
any proof. (Ashley Montague)

Fumiya
Garter
Garter
Posts: 6
Joined: Tue Mar 28, 2006 3:32 pm

Post by Fumiya » Wed Mar 29, 2006 2:45 pm

This is the article concerning CAM,but is japanese.
sorry , if you need , I cound translation this article in to english :lol:

CAM型光合成

CAM型光合成(CAMがたこうごうせい)は砂漠などの多肉植物や、同様に水分ストレスの大きな環境に生息する着生植物に多く見られる光合成の一形態である。これを行なう植物をCAM植物と呼ぶ。この方法の特徴として、CO<sub>2の取り込みを夜に行い、昼に還元することが挙げられる。また、CAMとはベンケイソウ型有機酸合成のことで


CAM経路
CAM経路はCO<sub>2を濃縮するための経路のことである。

CAM植物は夜間にCO<sub>2を取り込み、それを水和させ、HCO<sub>3-にし、それをPEP(PEP:ホスホエノールピルビン酸)とPEPカルボキシラーゼを用いてオキサロ酢酸(C4)にする。そしてNADPHを用いてリンゴ酸(C4)にする。そして、このリンゴ酸は昼まで液胞に貯蔵される。

そして、昼になると、貯蔵されたリンゴ酸がNADP+と反応し、NADPHとピルビン酸(C3)、CO<sub>2が生成される。このように濃縮されたCO<sub>2はカルビン - ベンソン回路に入り、ピルビン酸はデンプンとなり、PEPの原料となる。

また、CAM経路はハッチ - スリャック経路と同様にカルビン - ベンソン回路のみの場合と比べ、エネルギーを余計に消費する。


このような機構になる理由
CAM型光合成は砂漠といった水分が慢性的に不足しており、かつ昼夜の温度差が大きい環境に適応したものだと考えられる。通常の植物は昼に気孔を開け、CO<sub>2を取り込む。ただし、このような環境下の場合、同時に大量の水分を失ってしまう。しかし、CAM植物は涼しい夜に気孔を開け、CO<sub>2の取り込みを行い、昼は気孔を閉じることで水分の損失を最小限に抑えることができる。


C4型光合成との違い
CAM型光合成とC4型光合成は似ている点が多い。しかし、大きく異なる点としてC4型光合成がCO<sub>2の濃縮、還元を葉肉細胞と維管束鞘細胞と場所を分けて行っているのに対し、CAM型光合成は夜と昼で時間的に分けて行っている点である。そのため、C4型光合成を行う植物は通常のC3型光合成を行う植物と比べて1日当たりの光合成速度が速く、成長速度も大きいが、CAM型光合成を行う植物は日中に二酸化炭素の取り込みを行わないことにより、1日当たりの光合成速度が大きく制約され、成長も遅くなる。
Last edited by Fumiya on Wed Mar 29, 2006 3:02 pm, edited 3 times in total.

Miyis
Garter
Garter
Posts: 44
Joined: Fri Dec 30, 2005 7:10 am

Post by Miyis » Wed Mar 29, 2006 2:54 pm

Thank you, Fumiya!
I can speaker japanese, a little!

Methamphetamine
Garter
Garter
Posts: 1
Joined: Sat Apr 01, 2006 8:24 am

Post by Methamphetamine » Sat Apr 01, 2006 8:59 am

Crassulacean acid metabolism (CAM) occurs in many plants that live in dry habitats. CAM plants fix CO2 at night into a four-carbon acid that is stored in the vacuole until daylight. The acid is then decarboxylated, and the CO2 is used in the Calvin cycle. Fixation of CO2 at night helps CAM plants conserve water.

Post Reply

Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 2 guests